冷たい飲み物を控えることで得られる良い効果

冷たい飲み物を過剰に飲む、あるいは冷たい食べ物を過剰に摂取したとき、悪影響があるようです。
腸を冷やしてしまうと、下半身の筋肉、神経、血管、内蔵の冷えにもつながってきます。
勿論真夏であれば、ある程度クールダウンすることは必要ですが、過剰な冷えに注意するために、温かいものの摂取を心がけたいです。
たとえば冷え性。冷え性は冷たいものを好む人は、当然治りにくいと言えます。
足の爪先まで冷え性を改善するため、ストレッチやマッサージのほか、温かい飲み物食べ物を心がけています。
腸内環境についても同様に、過剰に腸内を冷やすことは悪影響しかありません。
下痢をしてしまったり、便秘になりがちになるといったことも、冷たい飲み物などの影響が大きいようです。
そしてあまり知られませんが、体臭の発生にも腸内の冷えが関係しています。
腸内が冷えると、消化不良や異常発酵を起こしやすく、臭い物質が多くなります。細胞が正常な働きをできなくなるからです。
それが体臭の原因になるようです。体臭改善の一助として、腸内を温め続けることが良いと考えます。