肝臓の働きを改善しておいしいお酒を飲みましょう

酒は百薬の長と言われていますが、飲み方によっては体を害することになります。特に、肝臓には大きな負担がかかります。肝臓は、代謝、解毒、排出などの機能を担っていて、いつも休みなく働いています。過度の飲酒は、肝臓に大きなダメージを与えてしまいます。アルコール分の約95%は肝臓に運ばれ、そこで有毒性の物質に分解されます。肝臓の処理能力を超えて飲酒を続けると、肝機能が大きく低下し、最悪の場合、肪性肝炎、肝線維症、肝硬変、肝がんなどになる危険性があります。アルコールの過剰摂取は肝臓に負担がかかり、特に食事やおつまみを摂らずにお酒だけを飲む人は、肝臓への負担が大きく危険です。お酒を飲むときは、くれぐれもほどほどの量にすることで、アルコール量は1日男性では60mL、女性では40mLとされています。週に2日はお酒を飲まない休肝日を設けることも大事です。肝臓の働きを良くするには、たんぱく質が不可欠です。肝臓を修復する働きがあるので、お酒を飲むときには、大豆製品や鶏肉のささみなどの低脂肪で良質のたんぱく質を摂ることをおすすめします。また、脂肪肝の予防には、適度な運動習慣も大切です。できるだけ肝臓の働きを改善して、おいしいお酒を飲みましょう。
肝臓に良いサプリメントはこちらう⇒http://xn--oby196f.com/