冷え性に効く醤油

醤油と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか。日本人にはとても馴染みのある調味料である醤油ですが、高血圧になりやすい、塩分が多いと敬遠する人も最近では多いそうです。しかし、この醤油、冷え性に効くそうです。冷え症に効く食べ物というのは、「陽性」の食べ物と言われています。この陽性の食べ物というのは、体を暖める効果があると言われています。醤油も実はその陽性の食べ物の一つです。醤油は強アルカリ性の調味料になります。大豆に塩と麹を加えて発酵させた発酵調味料である醤油は、とり過ぎればたしかに塩分過多となり高血圧症の原因ともなりますが、適度に摂取することで発酵食品のメリットでもある体を温める効果を得ることが可能になります。醤油といっても、冷えに効く醤油は一般的に市販されている安価な醤油ではなく、木の桶で天然醸造された「たまり醤油」がいい問われています。安価な醤油は保存料が含まれていたり香料や着色料などが添加されており、せっかくの醤油の良いところが失われてしまっているそうです。少々高いのですが、天然醸造のたまり醤油は冷え症に効くそうです。

貧血に効く魔法のミルク

貧血には、レバーやヒジキなどを食べて鉄分を増やすことが大事ですが、実はミルクを用いた対策法もあるみたいなのです。
毎日、レバーやヒジキなどを食事に出すのもどうかと思われがちですが、ミルクなら何とか毎日やっていけそうですが、一体どんなモノなのでしょうか。
確認してみましょう。
主に、貧血対策に開発されたミルクをフォローアップミルクといいます。
これは、乳幼児なの貧血を予防するために開発された、ミルクです。
主に、乳児用のミルクとなるので、大人が飲むのは不味いみたいですね。
では、乳児のどんな時に利用するのか、このフォローアップミルクは、乳児が離乳食を食べ出す時期に、あくまで補助用のミルクとして利用するみたいです。
そのため、出生後間もない赤ちゃんが飲むには、全く適しておらず、ある程度成長してきた赤ちゃんに飲ませるのがフォローアップミルクの位置づけみたいです。
このように、ミルクにも貧血を予防させる効果をもつミルクが開発され、販売されています。
これを利用すると、赤ちゃんの栄養の補完になります。
しかし、飲ませる時期には十分に注意しなければならないでしょう。