冷え性に効く醤油

醤油と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか。日本人にはとても馴染みのある調味料である醤油ですが、高血圧になりやすい、塩分が多いと敬遠する人も最近では多いそうです。しかし、この醤油、冷え性に効くそうです。冷え症に効く食べ物というのは、「陽性」の食べ物と言われています。この陽性の食べ物というのは、体を暖める効果があると言われています。醤油も実はその陽性の食べ物の一つです。醤油は強アルカリ性の調味料になります。大豆に塩と麹を加えて発酵させた発酵調味料である醤油は、とり過ぎればたしかに塩分過多となり高血圧症の原因ともなりますが、適度に摂取することで発酵食品のメリットでもある体を温める効果を得ることが可能になります。醤油といっても、冷えに効く醤油は一般的に市販されている安価な醤油ではなく、木の桶で天然醸造された「たまり醤油」がいい問われています。安価な醤油は保存料が含まれていたり香料や着色料などが添加されており、せっかくの醤油の良いところが失われてしまっているそうです。少々高いのですが、天然醸造のたまり醤油は冷え症に効くそうです。

貧血に効く魔法のミルク

貧血には、レバーやヒジキなどを食べて鉄分を増やすことが大事ですが、実はミルクを用いた対策法もあるみたいなのです。
毎日、レバーやヒジキなどを食事に出すのもどうかと思われがちですが、ミルクなら何とか毎日やっていけそうですが、一体どんなモノなのでしょうか。
確認してみましょう。
主に、貧血対策に開発されたミルクをフォローアップミルクといいます。
これは、乳幼児なの貧血を予防するために開発された、ミルクです。
主に、乳児用のミルクとなるので、大人が飲むのは不味いみたいですね。
では、乳児のどんな時に利用するのか、このフォローアップミルクは、乳児が離乳食を食べ出す時期に、あくまで補助用のミルクとして利用するみたいです。
そのため、出生後間もない赤ちゃんが飲むには、全く適しておらず、ある程度成長してきた赤ちゃんに飲ませるのがフォローアップミルクの位置づけみたいです。
このように、ミルクにも貧血を予防させる効果をもつミルクが開発され、販売されています。
これを利用すると、赤ちゃんの栄養の補完になります。
しかし、飲ませる時期には十分に注意しなければならないでしょう。

ジム通いで健康的な毎日

私は最近、ジム通いにはまっています。
というのも最初は不摂生が祟り10キロ近く増えてしまった体重を元に戻すことが目的であったのですが、
今ではジムで運動するということが楽しくなってきて、
トレッドミル(ランニングマシン)で毎日2時間のランニングをするととても爽快感があり、
満足できます。
また、ダンスなどのグループレッスンも充実しているジムであるため、
フラダンスやヒップホップのダンス、エアロビクスなどにも最近参加するようになりました。
他の参加者との交流もあり、とても楽しく運動できています。
これからも健康的にジム通いを続けていこうと思います。

肝臓の働きを改善しておいしいお酒を飲みましょう

酒は百薬の長と言われていますが、飲み方によっては体を害することになります。特に、肝臓には大きな負担がかかります。肝臓は、代謝、解毒、排出などの機能を担っていて、いつも休みなく働いています。過度の飲酒は、肝臓に大きなダメージを与えてしまいます。アルコール分の約95%は肝臓に運ばれ、そこで有毒性の物質に分解されます。肝臓の処理能力を超えて飲酒を続けると、肝機能が大きく低下し、最悪の場合、肪性肝炎、肝線維症、肝硬変、肝がんなどになる危険性があります。アルコールの過剰摂取は肝臓に負担がかかり、特に食事やおつまみを摂らずにお酒だけを飲む人は、肝臓への負担が大きく危険です。お酒を飲むときは、くれぐれもほどほどの量にすることで、アルコール量は1日男性では60mL、女性では40mLとされています。週に2日はお酒を飲まない休肝日を設けることも大事です。肝臓の働きを良くするには、たんぱく質が不可欠です。肝臓を修復する働きがあるので、お酒を飲むときには、大豆製品や鶏肉のささみなどの低脂肪で良質のたんぱく質を摂ることをおすすめします。また、脂肪肝の予防には、適度な運動習慣も大切です。できるだけ肝臓の働きを改善して、おいしいお酒を飲みましょう。
肝臓に良いサプリメントはこちらう⇒http://xn--oby196f.com/

健康のために

健康のためにはやはり運動が一番です。なにもきついことをするわけではなく、早歩きでも大丈夫なのです。一日30分以上、運動をする時間を設けるだけで、体だけ無く、メンタル面にも良い影響が出てきます。
そうした運動を習慣化するには、少しずつ、という気持ちが大事。初日に頑張りすぎるとその後は続きません。まずは家の周りをぐるっと一周してみる。次はもう少し、距離を伸ばして。その次はさらにもう少し距離を伸ばして。少しずつ、少しずつできるようになっていけば自分なりの楽しみ方も発見しながら、楽しんで続けることができます。最終的には30分程度、楽しみながら体を動かすことができるように目標設定をしてください。
健康のためであれば、きつい必要はありません。楽しみながらできれば、ゆっくりとしたペースでも大丈夫です。ここだけは自分に甘くてもいいのですが、大事なのは継続すること。週に3回は体を動かす日を作りましょう。それだけで体と気持ちが全く変わり、健康に向かって行っていることを実感できるはずです。