健康を過信してはいけないですね

私はこれまで入院が必要となるような重い病気や怪我をしたことは一度もなく、風邪なども数年に一度罹るか罹らないかといった感じなので、一応今のところ健康だと思っています。
ただ健康でいるために特に何か対策をしているというわけではなく、それどころか体を動かすことといったらスーパーへの往復くらいだし、睡眠も十分に取れていない日があったりして決して健康的な毎日を送ることができているとは言えません。
なのでこれまで健康だったからといってこれから先も健康体でいられる保証もなく、健康であることを過信してはいけないなと思います。
健康というのは普段は当たり前になっていて特に意識をしないもので、体調を崩してから健康であることの大切さに気づくというのはよく言われることなので、やはりもう少し自身の生活習慣を見直して、規則正しく生活をすることを心がけたいものです。
そのため簡単なウォーキングなどの運動から始めてみようかなと思います。

胸が痛むことにドキッとします

わたしが健康に対して悩みがあるとすれば、時々胸が痛くなることなんです。胸が痛くなるのは月経前が多いのですが、月経前ということで胸が張っているからだと自分で自分を安心させています。
ですが、わたしの本心はドキドキで、「もしかしたら乳がんなんじゃないか…」とか「なにか悪い病気なんじゃないか…」とか、いろいろおかしなことを想像してしまいます。胸がチクチク痛むだけでこんな風にいろいろ想像してしまうのだから、たとえば内臓の調子が良くないとか食欲がないとか…そんなことが続いたら、わたしはかなりダメージを受けてしまうんだと思います。
最近も月経の前に胸がチクチクと痛んだり、ちょっと押さえるだけで胸に痛みが走るので、そろそろきちんとしたところで検査を受けなくてはならないと思っています。乳がん検診は毎年受けた方がいいと言われているので、「検診もこれから毎年受けなくては安心できないんだろうな…」なんて考えているところです。

睡眠を十分にとること

健康が気になって悩んでいるなら、とりあえず睡眠をとってみるのが正解です。健康になりたいと思ってなにか始めなくてはと思っている人は、毎日十分眠るようにすると良いはずです。
大人は仕事や家庭の事情から睡眠が十分に摂れない生活だったり、それからなかなか眠れないという睡眠障害が起こったりして、結構大変な思いをしている人が多いのです。わざわざ人に睡眠の悩みを言わなくても、中年ともなれば多かれ少なかれ睡眠障害のようなことはあるはずなのです。
健康のことが気になりだす年齢の時に睡眠障害が起こりやすいので、そこに気を付けると良いと思います。睡眠が十分に摂れるように寝室の環境を整えたり、寝室だけではなく家の中の環境を整えると質が高いいい睡眠がとれると思います。
また、寝室が静かであることも大事なのですが、住まいによっていろいろな事情はあるでしょう…。それでも「静かに眠れるか」ということも気にしてみることをおススメします。